Wantedlyで注目度ランキングを上げるためのコツ

みなさんこんにちは!GiversNetWorkの博多屋です!
今回は前回のWantedlyの文章の書き方に加え、注目度ランキングを上げて会員からの注目を集めて問い合わせにつなげる方法をお話いたします!

結論:募集記事の定期的な投稿が重要

Wantedlyの注目度ランキングを上げるためには、純粋なPV数になります。1週間ごとで出した各企業の1番見られた求人のPV数をベースに選定されているため、プランにかかわらず誰でも上位になれる可能性があります。
純粋に求人のPV数が必要になるため、=募集記事の定期的な投稿が必要となってきます。

募集記事の場所

募集記事の場所は、管理画面TOPから「最近の募集」箇所に「募集を作成」ボタンがあるため、そこから記事を書ける様になります。

すると、様々な項目の選択画面が出てくるため、貴社が一番求めている人材に当てはまる項目を選んでいきましょう。

募集記事の書き方

次に募集記事のタイトルが出てきます。
ここが一番大切で、単純に「WEBディレクター募集」と一言書くのではなく、競合他社の募集記事に埋もれないようなキャッチーなタイトルを書きましょう。

例えば弊社がITベンチャーでエンジニアを募集した時は…

  • 老後2000万問題にみんなで立ち向かう!そんな会社で働きたいエンジニア募集
  • 自分のアイデアが商品・サービスに!自分の声が届く会社で働きたい人募集
  • 副業でもしっかり稼いで将来の不安を無くしたいエンジニア募集!
  • こんな感じのタイトルを使って、実際に募集記事3つで4人ほどの問い合わせを獲得しています。

実際に働いているスタッフなどに、うちに転職を決めた理由を聞いたり時事ネタを入れることによって、エンジニアの悩みや問題に訴求した募集記事のタイトルができあがります。
そしてカバー写真。サムネイルとしても一覧で出てくるため、こちらも非常に重要になります。
ただ仕事をしている風景の写真を載せるのではなく、仲間と楽しそうにレクリエーションしている写真や、加工した遊び心のある写真が良いでしょう。
一例(株式会社Luxy様募集記事より:https://www.wantedly.com/projects/415301)
そして募集記事の特徴。
ここもWantedlyらしさが出ている箇所になります。

問い合わせのハードルを下げる場所になるため、可能なものを全て選択しましょう。
弊社の場合「ランチをご馳走します」が反応良かったです笑。
そして最後に

あなたの会社の事業内容について書く

事業の目的について書く

チームの文化や働く環境について書く

など、会社の風土や特徴を記載する部分が出てくるため、前回お話した「募集記事から採用に繋げる最強の方法」をぜひ参考に文章を書いてみてください。
http://giversnet.jp/old-site2/archives/6036

募集内容が少なくて記事が書けないという方に

最初にお話した通り、注目度ランキングをアップさせて問い合わせを獲得するには、「定期的な募集記事の投稿」が必要となります。
そのため募集内容が少なくとも、見せ方を変えて更新をしていきましょう。
具体的にITエンジニアを募集している場合、
・スキルアップと人脈づくりを叶えたいエンジニア募集!
・副業でもしっかり稼いで将来の不安を無くしたいエンジニア募集!
・老後2000万問題にみんなで立ち向かう!そんな会社で働きたいエンジニア募集
こんな感じで、人脈・副業・老後問題の3つそれぞれに焦点を当て、その分野に興味のあるエンジニアにアプローチが可能です。
1つしか募集がなくても、様々な話題や時事ネタ、写真のインタビューなどを使ってどんどん記事を更新していきましょう。

最後に

1週間ごとで出した各企業の1番見られた求人のPV数をベースに選定されているため、最低でも週3〜4回は投稿をがんばりましょう。
もし話題が尽きてしまって書くことがなくなってしまった場合、最悪文章のタイトルや募集文を少し変えて投稿するだけでもOKです。とにかく更新を絶やさないことが大切です。
もし自社でそこまで手が回らない、そもそも何を書いていいのかわからないと言った場合には、弊社がWantedlyの運用代行を専門としているため、ぜひご相談くださいませ。きっと貴社のお力になれるかと思います!

ご相談はこちら

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP