GiversNetwork

店舗持っている人必見!ポータルサイトに高い費用を払わなくても集客できるMEOとは?

503 views
約 6 分

こんにちは!株式会社GiversNetWorkの顧問をしている博多屋です。

前回お話したSEO対策は取り組んでみましたか?

SEOはホームページのタイトルや文章、説明文といった、ウェブサイトの中身を直接編集しないといけないので、ホームページを管理している業者にお願いしないといけない…と言う企業様も多いはず。

そして修正するごとにお金が…

そこで今回は自社で取り組める「MEO対策」についてお話しようと思います!

前回の記事はこちら

WEB集客でライバルと差をつける「一歩踏み込んだ」SEO対策

MEO対策とは?

Map Engine Optimization(マップエンジンオプティマイゼーション)。

つまり地図エンジンの最適化を行うことです。もっと分かりやすく言うとこれ↓↓↓

例えば「目黒駅+パーソナルジム」とGoogleで検索したときに出てくる地図の部分の順位です。

ここの順位を3番目以内にすることで、Googleで「場所名+サービス名」で検索した際にSEOよりも上に出てくることができます。

逆に4位以下だと「すべて表示」のボタンを押さないと出てきません…。

このMEO、SEOよりも上に出てくることもあり「店舗」を運営している企業様だと集客効果は抜群です。

なぜならキーワード検索に地域名を加えるユーザーは、その場所でそのキーワードに関連したサービスを探していることが考えられます。つまりMEO対策をして上位表示されることで、優良な見込み客獲得に役立つのです。

みなさんも外出先で飲食店を探すときに、Googleで検索してGoogleMAPで場所と口コミを見た経験はありますよね?それくらいお店を選ぶときの大きな判断基準として利用されています。

今回お話する対策を行ってもらえれば、ホット○ッパーやエ○テン、食べ○グに毎月高い掲載費用を払わなくても集客の対策ができるので、ぜひお試しください。

MEOで1位を取ったらどうなるのか?

弊社顧客のパーソナルジムの事例ですが、場所名+パーソナルジムで1位を獲得している企業様だと過去28日間で

  • 閲覧数:8045回
  • ウェブサイトへのアクセス25回
  • 通話1回
  • 写真閲覧数3545回
  • マップでのルート検索15回

となっています。

写真を見て判断して、口コミを見て判断して、場所を見て判断してウェブサイトや電話で予約する。

これだけでも十分ポータルサイトやホームページの役割を果たしており、しかもどこか専門の業者に依頼せず全部自分でしかも無料で対策をすることが可能です。

対策1.Googlemybusinessへ登録

まずは自社をGoogleMAPへ登録するためにGooglemybusinessへ登録しましょう。

もちろん無料なので安心してください。

ここで登録が完了したら本人確認手続きを済ませて管理画面へ移動しましょう。

対策2.Googlemybusiness内の情報をとにかく充実させる

次にGooglemybusinessの情報をしっかりと埋めていきます。

弊社顧客の例

サイドメニューの「情報」をクリックし、店名・住所・サービス提供地域・時間・WEBサイト・ビジネスの属性・開業日など全てを埋めていきます。

その後、「写真」をクリックし、店内の写真やスタッフの写真を「20枚以上(ライバルが強ければ40枚以上)」入れましょう。

ここの情報をしっかりと入れてあげることで、ライバル店舗と差がつきます。逆にライバル店舗は情報がスカスカだったりするので、すぐにMEOの差をつけることができます。

対策3.Googleマイポストの活用

次はGoogleマイポストと呼ばれる「無料の広告枠」の活用になります。

店名を検索した時に左にお店情報が出てきて、その下に色々とお知らせを出すことができます。

サイドメニュー「投稿」から「特典を追加」「最新情報を追加」「イベントを追加」「商品を追加」のどれかを選択し、写真とお知らせ内容を入力するだけです。

こちらを活用して、自分の店舗に興味を持ってもらった人向けに何かしらのお知らせを出すことが可能です。

ここも無料で出すことができますので、ぜひ活用してみてください。

対策4.SNSへNAP情報を入力

NAPとは「Name,Adress,Phone」の略です。つまり「店名、住所、電話番号」。

この情報をSNSで投稿する際に一緒に入力して発信することでMEOの対策となります。

SNSの投稿は1つの投稿に対し新しいURLが作られるため、WEB上にたくさん自社の情報が広がっていれば、それだけ自分の店舗の情報がGoogleに認知されMEOが上がってきやすくなります。

おすすめはInstagram、Twitter、Facebookの3つになります。

投稿する際一緒に

  • 新規キャンペーン情報
  • サイトURL
  • メイン対策キーワードをハッシュタグで入力

を入れてあげると、集客効果も狙えて一石二鳥ですね!

対策5.口コミ投稿

最後の対策として、「口コミ投稿」になります。

お店を選ぶ判断基準としてやはり口コミは外せません。MEOにも影響してきますので、ぜひ来店されたお客様に口コミの投稿を呼びかけてみてください。

ただし、複数のアカウントを使って口コミを自分で入れるのはやめましょう。IPアドレス等からGoogleに自演がバレてペナルティを受ける可能性もあります。

まとめ

今回のMEO対策はいかがだったでしょうか?

  1. Googlemybusinessの登録
  2. Googlemybusinessの情報の充実
  3. Googleマイポストの活用
  4. SNSへNAPを入れて投稿
  5. 口コミの呼びかけ

どれも自社で無料でできる内容です。

逆にほとんどの店舗はこの対策をしっかりと行っていないため、情報をきちんと入力してSNSで発信するだけでライバル店舗との差をつけることができます。

MEO対策の業者やMEOのツール、口コミを入れる業者など数多といますが、全部自社でできることなので、まずはやってみてください。

それでも難しい場合には弊社にお声かけいただければ無料でご相談に乗らせていただきます!

それではまた次回お楽しみに!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE